サイトのデザインや社名を似せ、消費者金融と勘違いさせて顧客を集めます

大手消費者金融に見せかけた手口

消費者金融に見せかけて騙す闇金業者

闇金業者の中には、自前の社名を使って営業している会社も多くあります。
しかしその一方で、実際の社名とは別の名前を使って営業している業者も多くあります。
別の名前には色々なものがありますが、その内のかなりの割合は大手の消費者金融に見せかけた社名です。
今回は、この大手消費者金融に見せかる手口について取り上げていきたいと思います。

 

消費者金融になりすます闇金業者

闇金業者というのは全て、貸金業法その他に反する方法で営業を行っている組織です。
言わば、非合法の貸金業者ということになります。
非合法ですから、実際に違法な営業を行っていることが明るみに出てしまえば摘発されることになります。
しかし、それでは闇金業者としては大きな不利益になってしまうため、色々な方法を使って自らの正体を隠そうとします。
その内の一つが、今回紹介する大手の消費者金融になりすます(見せかける)という手口です。
消費者金融というのは言うまでもなく、大手であろうとなかろうと合法の貸金業者ですので、これになりすますことで自らの実態を隠そうとするわけです。

 

また、大手の消費者金融になりすますことには、顧客を集めやすくするという狙いもあります。
いずれにせよ、大手の消費者金融という仮面を被ることで自らの闇の部分を偽ろうとしているわけです。
ちなみに、闇金業者が大手の消費者金融になりすます方法には以下のようなものがあります。

 

大手消費者金融と似た社名を用いる

大手消費者金融へのなりすましの方法として最も一般的なのがこの方法です。
テレビCMその他の広告で頻繁に見かける消費者金融の名前に似た社名を付けることで利用者を騙すという方法で、利用者に安心感を与える効果があると言われています。
この方法で非常に多いのは、消費者金融の社名の一文字だけを変えるという方法です。
また闇金業者の中には、大手の消費者金融の社名をそっくりそのまま使用している業者も存在しています。

 

大手消費者金融と似たロゴを用いる

上記の方法と似たものとして、大手消費者金融のロゴと酷似したロゴを用いてなりすましを図るという方法もあります。
目的としても、似た社名を用いる場合と全く同じです。
またこの方法には、大手消費者金融のグループ企業だと思わせるという狙いもあります。

 

大手消費者金融と似たホームページを作る
消費者金融と似たようなホームページかもしれない

消費者金融の場合はもちろんですが、実は闇金業者もホームページを作っています。
その目的は正規の業者の場合とほとんど同じなのですが、一つだけ大きく違っているところがあります。
それは、闇金業者のホームページの中には大手消費者金融のホームページを全くと言っていい程コピーしているものがあるということです。
中には、問い合わせ先や住所以外の部分の全てが大手消費者金融のホームページのコピーになっているというものもあります。

 

闇金業者の見分け方

大手消費者金融に見せかけている闇金業者を見分けるためには、いくつかのポイントに注目してその会社の情報を見ていく必要があります。
以下に挙げる点に該当する業者は闇金業者だと疑った方が良いでしょう。

  • 登録番号が明示されていない
  • 明示されている登録番号が実際には存在しない
  • 違法な貸し付け条件を提示している
  • 連絡先が明記されていない、または携帯電話の番号になっている
  • 電話での対応が悪い

以上の条件に該当する業者は、たとえ大手消費者金融に見せかけていても、実態は闇金業者であることがほとんどです。