闇金業者に対する相談には対応していますがトラブル解決には繋がらないようです。

闇金業者に対する警察の対応

闇金から借金をしてしまった場合、債務者は闇金業者から色々な迷惑を被ることになってしまいます。
詐欺、脅し、恐喝、暴力など、一度闇金と関係を持ってしまうと大変な未来が待っています。
このような闇金の被害に対応するため方法の一つは、警察に頼るという方法です。
ここでは、警察が闇金業者に対してどのような対応をしてくれるのかというところを紹介していきたいと思います。

 

警察は闇金の相談に対応している

警察も闇金相談対応可能

意外に思う方も多いでしょうが、実は警察というのは闇金の相談にも対応しています。
闇金の相談というと、法テラスや法律事務所、司法書士事務所などが有名ですが、実は警察でも受け付けているのです。
しかし、警察に相談するからと言って、闇金業者とのトラブルが解決するかと言えば決してそうではありません。
相手が警察であっても相談はあくまでも相談ですので、基本的にそれ以上に物事が前に進むということはあり得ないのです。
場合によっては闇金業者に対して警告電を行ってくれることもありますが、それはどちらかと言えばまれなケースです。
まして、相談をしただけで警察が業者の逮捕に乗り出すなどということは絶対にありません。

 

交番ではなく警察署へ

警察署の外観

闇金に関して警察に相談をする際には、当然ながら被害者自らが出向いて行く必要があります。
しかし、いざ相談しようと思っても、一体どこに行っていいのか分からないという方がほとんどだと思います。
闇金に関して警察に相談する場合には、警察署に行かなければなりません。
多くの方にとっては、警察署よりも交番の方が身近に存在するはずですが、交番に行っても闇金の相談には対応してくれません。
警察署、しかもその中でも生活安全課(生活経済課とも言う)に行かなければ、相談することはできません。

 

被害届を提出する

闇金問題に対する警察の対応を求める際には、相談の他に被害届を提出するという方法があります。
よくニュースなどで耳にする「被害届の提出」ですが、これはもちろん闇金業者の被害に関しても有効なのです。
被害届を提出するというのはつまり、闇金業者による被害を被っているので捜査を行って逮捕をして欲しい、という要望を出しているということになります。
要するに被害届を提出することで、警察に捜査してほしいという意思を書類によって正式に示すことになるわけです。
そして、警察はこの被害届を受け取って対応の方法を考えることになります。
ただし、ここで一つ注意しておくべき点があります。

それは、被害届自体には何の法的な拘束力も無いということです。
ですので、たとえ被害届が受理されたとしても必ず警察が動くということにはなりません。
この点は覚えておいた方が良いでしょう。

 

警察は闇金業者に対して腰が重い

一般的に、闇金業者に対しては警察は腰が重いと言われています。
この背景には、民事不介入という警察の基本的な姿勢があります。
個人がお金を借入れた場合のトラブルというのは、刑事事件ではなく民事事件の範疇の話です。
そのため、民事不介入のスタンスを取っている警察としてはそうしたトラブルには対応が難しいのです。
もちろん、明らかな証拠が残っている場合には警察が動く場合もありますが、闇金がそうした明らかな証拠を残すということはあまりありません。
従って警察は闇金問題に対して対応を取り難くなり、腰が重いと言われてしまうのです。